リサイクルトナーが大活躍|現場で頼りになる機器

女の人

利用したい物

インク

再生トナーのメリット

プリンターのトナーには、再生トナーまたはリサイクルトナーと言われるものがあります。再生トナーとは一度使った使用済みのトナーを回収して、分解、洗浄、修理、部品交換をして、元の商品と同じ量のトナーを充填して、再利用可能にしたトナーのことです。再生トナーの最大のメリットは価格が安いということです。プリンター製造メーカーはプリンター本体の価格を安く設定し、トナーやドラムといった消耗品に大きく利益をのせています。それに比べて再生トナーはそれぞれの企業が製造しているため、価格競争がおこり、原価に対して適切な値段で取引されています。販売価格は純正品の10分の1程度の商品もあります。また再生トナーを利用することで地球環境保護にもつながります。

種類による価格の違いについて

okiではトナーを使用する場合、okiで販売している純正品のトナーを使用することを進めています。なぜなら純正品のトナーの不具合率が1パーセントなのに対して、リサイクル品のトナーの不具合率が3パーセントと高いからです。またプリントの質もokiの純正品と比べると劣ります。それを理解したうえで、okiの純正品と比べ、再生トナーを使用するのなら問題はありません。再生トナーは消耗した部分だけを交換します。そのため、およそ3から5回程度交換が可能です。1回の価格が安いので、使用頻度の高い人にとっては経費削減が大きく期待できます。自分の利用目的をふまえて、品質と価格を比べましょう。そして自分に合った商品を選ぶといいでしょう。